« 理解と納得の差 | Main | 徹する見事さ(仮) »

June 15, 2005

わかんなくてもキレイなモノはいいです

DSC_0014フルサイズはこちら

1sugi:地獄はイヤです。生まれ変わったらちゃんと暮らしますからぁ(T.T)

考える人:どーしょっかなー...開門しちゃおっかなー...

場所は静岡県立美術館のロダン館、なんとなーく「鋼の錬金術師」の最終話近辺。エドとアルが吸い込まれたり吐き出されたりするゲートに似てる「地獄の門」の前。靴底を床にきゅっきゅっとやって、「滑らないねぇ...濡れた靴でやってみないとはっきりしないけどね、こりゃホンモンの大理石っぽいねぇ」なんてやってんのは、はい、ワタシです(^_^;)。

今回やってまいりましたのは、「物語のある絵画展」でございます。古来、本邦では「歌枕」と申しましてね、ほら、和歌やら物語に出でてる場所。それが良い景色である、てなコトになっとりました。歌枕の場所に実際でかけまして、感興を新たにするもんである、と。だから絵だって物語と関係深いですよね。
ま、明治になってきますと志賀重昴なんて人が「日本風景論」なんか書きましてね、なんせ明治27年刊ですから、えっれー読みにくいですが、今でも講談社学術文庫版で読めますので、強引に読みますと、「旅行に行ったらさ、歌枕なんぞという文学的なお約束の価値観から離れて風景見なきゃね。良い風景はそれだけでも良いんでね、いちいち文学によっかかるのは、だっせーぢゃん。歌枕でなくったっていいモノはいいの、ありのままの絶景を、自分の価値観でたのしまなきゃさ〜。明治のinなboys&girlsのトレンドはこれさっ!!」てなコト言ってます。そんな動きがあって、純粋な風景画ってのも増えたんぢゃねーか、と個人的には思ってます。

なんだか長々書いちゃいましたが、今回に関してはなんだっていいコトです(^^;。展示室いっぱいに、源氏物語,伊勢物語,百人一首,樋口一葉に泉鏡花に夏目漱石の小説などなどに題材をとった作品が沢山。色も構図もとっても奇麗(^^)。
ほら、日本画で物語風景でしょ?。だからどうしたって背景に日本の風景、いわゆるお約束の「歌枕」が入るし、そんだから緑色が多くなります。よって彩色もホンモノの岩緑青や群青いっぱいですからね、発色奇麗なんですよ(^^)。
あと、古いモンですと場面の描き方にもお約束がありますんで、見る人が見れば、詞書き無くても「何物語のなんの場面」って解るってコトです。そんなんで、決まり切ってるっちゃそうなんですが、それは描く方もプロですから、「見立て」のなんのって色々仕掛けてきて、それを読み解くのも楽しみなんですって(^^)。

ただね、ワタシは古典の教養が弱いから、古い奴はお話のどの場面だかわかんない(T.T)。今回はボランティアさんによる実地作品解説も聞けなかったしなぁ...伊勢,竹取,古事記は読んでるんだけど、源氏読んでないからなー...主語省略してちゃ読めねーよ...源氏物語で「絵」っつったら大和和紀のマンガ「あさきゆめみし」だよなー...あれだって源氏絵ったら源氏絵だよなー...生原稿だしゃいいのに(^◇^;)。

でもね、お話わかんなくっても奇麗なモンは奇麗。作品解説書こうってんぢゃないから、気もちよく見られればいいんです(^^)。作品を見て、ほんとーに気に入って感動して詳しく知りたくなったら、その作品に関するコトだけを美術館の隣、県立図書館行って調べりゃいいんです。絵を見る前から「お勉強」するなんてコトは、不真面目なワタシには出来ないな(^^ゞ。
巻物とかの詞書きが読めたらいいでしょうけど、なにも自分で読まなくたって、ちゃーんと作品の横には解りやすいキャプション付いてます。絵だって場面展開はっきりしてて、最近のファンタジー系アニメ絵の、ネームが多くてコマ割が複雑なマンガより見やすいです(^_^)b。

下村観山とか松岡映丘なんかの大作もそりゃー見事でした。ただ、個人的に「持ち逃げ」するなら鏑木清方の、泉鏡花や樋口一葉の作品に想を得た巻物や画帖ですね。あんなんを夜中、世間や家人が寝静まった頃に押し入れから取り出しましてね、「ひっひっひ」なんてほくそ笑みながら眺めたらいいだろーなぁ(笑)。

って絵を見てから、同じ切符で見られるモンでロダン館にまわりました。したらいきなり「カレーの市民」。これも物語から作品にしたっちゃそーなんだけど、なんか熱く燃えてましたよぉ。やっぱ苦手だ、洋物大作って...フキフキ ""A^^;。

静岡県立美術館→http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

【蛇足】
えっと、この展覧会に今村紫紅の作品も出てましたけど、伊勢物語の「宇津の山道」てっか「蔦の細道」ってな、ですね。岡部町と静岡市の間っていう、いわば”ごとーちもの”でし。あれです、道路交通情報の渋滞箇所でお馴染み、「宇津ノ谷トンネル」の旧道ですわ(^^ゞ。「宇津ノ谷峠」で検索掛けると色々でてきますよん(^^)。

|

« 理解と納得の差 | Main | 徹する見事さ(仮) »

きれいなものめぐり」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36329/4555478

Listed below are links to weblogs that reference わかんなくてもキレイなモノはいいです:

« 理解と納得の差 | Main | 徹する見事さ(仮) »