« わかんなくてもキレイなモノはいいです | Main | これ、なんでしょか? »

June 16, 2005

徹する見事さ(仮)

DSCN0135

1sugi:あのぉ〜...今よろしいですか?
考える人:ええけど何ぃ?
1sugi:静岡県立美術館のご親戚が、国立西洋の伯父さんによろしくって...。
考える人:へぇ...静岡からきはったん...あいつ元気でやっとるぅ?。
1sugi:はいお元気でした。あ、空港出来たらそっちに異動かもとか...。
考える人:わしら「地獄の門」やさかい、空港はまずいんちゃうの?。
1sugi:そーっすよねぇ。
考える人:ところで"ぶぶずけ"でもどないだ?
1sugi:あ、藝大いくもんで、そろそろ失礼します。
考える人:そっかぁ。気ぃつけてな。

なんてことを、国立西洋美術館「地獄の門」前でやってるのは、はい、例によってワタシです(^◇^;)。

お目当ては東京藝術大学美術館「植物画世界の至宝展」でございます。この美術館、展示室の大きさが丁度良く、じっくり眺めても疲れ果てないのが実によいです(^^)。

展示品は、いわゆる「ボタニカルアート」という奴。昔々、まだ写真が発明されていなかった大航海時代、いろんな国の珍しい動植物を記録する目的で発展した「博物画」という分野のモノです。本邦江戸時代本草学風に言うならば、「図譜」ってコトになりましょうか...。

珍しくも順路に従って見てゆきますと、初期の無彩色版画にはじまって、実用精密彩色画へ。写真が発明された後、絵画のジャンルとして発展した時期へ、と展示は進みます。なんでしょか、あくまで個人的な感想ですし、素人が言うのもなんですけど、新しいモノほどつまんなくなります。なんでだろ???

初期のモノは、木っ葉帆掛け船ではるばる海を渡り、現地に行っては描いてたモノです。ゆーたら植民地の有用資源目録ですな(^^ゞ。「たべられません」なモノは、厳密にみっちり描いとかんと危なかったんですから、そらもー細かく細かく、手前の花も奧の葉っぱも克明に描いてます。絵としての遠近効果なんて初手から狙ってません。

カメラで接写おやりになった経験があればご理解いただけると思いますが、写真では、手前にピント合わせりゃ奧がボケます。逆もまたしかり。んで、照明あてれば必ずどっかに陰がでます。でもですね、並んでるのは「絵」ですから、ボケも陰影もへったくれも無いです。画面のどこにでもピントガチガチ〜の色鮮明なんて芸当は、絵ぢゃなきゃ出来ねーっすな...フキフキ ""A^^;。

要は、初期のモノは、とことん現世利益のためのカタログだったですが、そんなこんなで妙ぉな効果がでてんです。実用を写真に渡して「芸術」になってからのモノは、陰影表現も遠近表現も見事です。絵画としちゃこっちの方が数段上ですけど、初期のモノと比べると「普通」で、ワタシにはつまんないってコトでした。あとはなんでしょ、完璧なまでに「自己の表現」を捨て、気合いは突っ込みまくりの「実用本位」に徹した迫力でしょか?...。

ま、ね。描く目的が違うし、画家さんたるものが、昔をなぞったって意味無いです。色んな表現の百花繚乱な今現在のほーが、みぃはぁとしては楽しいです(^^)。伝えるべきは、昔の植物画家さんの背筋の伸び方、でしょね(^_^)b。

東京藝術大学大学美術館→http://www.geidai.ac.jp/museum/

|

« わかんなくてもキレイなモノはいいです | Main | これ、なんでしょか? »

きれいなものめぐり」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。植物画の至宝展に感嘆したもののひとりとして、TBさせて頂きたく存じます。事後報告になってしまい、申し訳ございません。
私も(なのかな?)生まれは静岡で、ロダンの作品が県立美術館に着々と増えてゆき、ついにはロダンの城ができるまでをずっと見続けていたものです。因みに、私がいつも会話&握手するのはカレーの市民のなかのひとりです。
また機会がありましたら、どうぞ宜しくお願いいたします。

Posted by: マユ | July 02, 2005 at 23:57

>マユ様
はじめまして、極私的な拙blogにようこそ(^^)。この「きれいなものめぐり」のカテゴリーにコメント頂くのは初めてです(^^ゞ。こちらこそ今後とも宜しくですm(__)m。さっそくにTBとコメントを返させていただいたのですが...「ぐぅ」と「こころぐ」ですと、勝手が違い、無事に通っておりますかどうかフキフキ ""A^^;。

静岡のご出身ですか(^^)、ワタシも静岡出身で、「かっこいいもの」「きれいなもの」が好きな「みぃはぁをやじ」です。カレーの市民...あの「街のカギ」ってでっかいですよねぇ...城壁の門扉ってなーどんなんだろか...カギ持ってる人の足のサイズはいくつなんだろか...今度隙を見て実測..(←をいっ)。

藝大美の空間はよいですよね(^^)。面積おてごろで、天井の高さがあれだけあるトコロってあんまり知りません。ショップの「鮭ぐっず」も大好きで、今度でかけたら「鮭Tシャツ」を買い込もうと思ってます(^◇^;)。

Posted by: 1sugi | July 05, 2005 at 00:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36329/4582645

Listed below are links to weblogs that reference 徹する見事さ(仮):

» 植物画世界の至宝展 (藝大美術館) [Sweet Dadaism]
 上京はまだまだ、ひと仕事である。TXが開通するまでは、予測もつかない首都高速の渋滞に翻弄されながら高速バスで移動することになる。酷いときには、東京から大阪まで、成田から北京にまで行けるような時間をかけてようやく上野に着くわけなので、まだなにひとつ用事を済ませてしらいないのに虚弱の私はもうへたれている。  とはいえ大好きな仲間たちとの飲みがあるということで(飲めないくせに!)上京したわけなのだけれど、へたれている場合ではない�... [Read More]

Tracked on July 02, 2005 at 23:53

« わかんなくてもキレイなモノはいいです | Main | これ、なんでしょか? »