« それにつけても | Main | をやぢのたわごとVol.2 »

March 26, 2007

静岡の地場産業の展覧会!?御案内

Boxart_2
大きめ画像
静岡県が世界に誇る地場産業の一つが「ぷらもでる」。元来静岡県の中部地方は生活用品としての木工が盛んでして、そこから模型産業が派生したのでございます。ほら、プラモデルの前は木製キットでございましたでしょ(^_^)b。 駿河漆器とかの伝統工芸もちゃんとありますが、やぱし「ぷらも」の知名度には敵いませぬ。



そんなこんなで静岡県立美術館では、4/7〜5/20の会期で「プラモデルパッケージ原画と戦後の日本文化」なる展覧会が開催され、協力企業にはタミヤ,ハセガワ,アオシマ,バンダイの名がずらずらと。
パッケージ原画約160点にジオラマに。その他プラモデルにいたるまでの戦中戦後の教材模型にソリッドモデル等々の資料多数展示。5/2,5/3には親子模型工作教室「ダンガンレーサーを作って遊ぼう」もあるです。

料金は一般大学生900円(700円),小中高生400円(300円)...()内は20名以上の団体と前売り料金で、前売りは県内の「ぴあ」「ローソン」「サークルK」「サンクス」「ファミリーマート」で発売。んで、県美はJAFのなんたらですから、入り口でJAF会員証出すとちみっと安くなりもします。

月曜休館ですが4/30~5/6は無休でございます。んで、この展覧会のチケットで収蔵品展とロダン館にも入れます(^_^)b。ロダン展は終了しましたが、「考える人」「カレーの市民」「地獄の門」等々はロダン館にありますんですよん(^.^)。

で。

このチラシ。中央はRA273の1/12の箱絵でございますな。ウチにもこのプラモは飾ってあります(復刻版ですけどね(^^;)。HONDAだって静岡と縁が無いわけぢゃなし、茂木のコレクションホールから実物借りてこられなかったのかにゃあ...

静岡県立美術館HP→http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

|

« それにつけても | Main | をやぢのたわごとVol.2 »

きれいなものめぐり」カテゴリの記事

身辺雑記」カテゴリの記事

Comments

同じく振り返って見上げると復刻版のコレが箱を開けることなく飾ってあります(笑)。
しかし、今年は静岡方面に行く機会が多そう?!

Posted by: かず | March 27, 2007 at 00:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36329/14418316

Listed below are links to weblogs that reference 静岡の地場産業の展覧会!?御案内:

« それにつけても | Main | をやぢのたわごとVol.2 »