« をやぢのたわごとVol.3 | Main | F1マレーシアGP予選終了でゴミネタ »

April 07, 2007

をやぢのたわごと【番外編】

先のたわごとにご意見をありがとうございました。お礼が遅れてすみませんm(__)m>関係各位

さてもそののち1sugiをやぢ、色々な立場の皆様より頂いたRESを繰り返し拝読しつつも返事もせず、なんで一見して使いにくそうな時計(使ってみたら画期的に見やすいのかもしれないですけど試す気はないですな)がイヤなのかをグズグズ考えておったのでございます。

道具ってやっぱり用を足してくれないと困ります。時計なら時計で昔々から試行錯誤を繰り返して今のカタチがあるワケです。便利に用を足してくれるという前提を守った上で今までの常識を超えた新機軸を打ち出してこられると感心もしますし魅力もあります。そーゆー仕事見せられますと...何と申しますか障害物競走の選手が見事な身のこなしで軽やかに世界記録を出すのを見るような感動があるです。

逆に初手から世界記録なんざ眼中になく、ひたすら障害を越える際の身のこなしの美しさに注目し、純粋にそれのみを追求してこられたら「競技」「実用」の枠を飛び出した「舞踏」「芸術」になり、それはそれで何かしら心にくるモンのように思います。

ワタシは自分がハンチクな人間でありますから、どんなジャンルであれその道の玄人と言われる人々には敬意をいだいております。何しろワタシが思いもつかないモノや技を見せて下さる人々ですから。

そこでさて各分野で曲がりなりにも玄人の名を持つ人達に「どっちつかず」をやらかされますと...日頃尊敬しているだけにキモチが割り切れなくなったりするのでございます。都合の良いときだけ文化の芸術の伝統の革新のなんという美辞麗句に逃げるのは、素人のシュミなら可愛気も無いでは無いけれど玄人のするコトか、と。いやいや素人だって玄人と自分の決定的な差を自覚せず、照れも洒落も臆面もなくそーゆー言葉使ったらいけないしみっともないですよきっと。

ま。

ハンチクなワタシでございますからして、何にせよ徹する見事さを見せて頂けると気分がスカっとするのでございますね。目からウロコが落ちる感覚は気持ちよいのでございます(^_^)b。

その感覚をより多く得たくって。だけど自分自身には何かに徹して突き抜ける能力が無いからひたすら彼方此方ウロウロ歩きの「みぃはぁ」で「あたまでっかち」な暮らしが止められないってのも...如何かとは思ってるですけどね(^◇^;)

|

« をやぢのたわごとVol.3 | Main | F1マレーシアGP予選終了でゴミネタ »

楽しき玩具!?」カテゴリの記事

身辺雑記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36329/14586913

Listed below are links to weblogs that reference をやぢのたわごと【番外編】:

« をやぢのたわごとVol.3 | Main | F1マレーシアGP予選終了でゴミネタ »