« 第70回定期演奏会のお知らせ(宣伝 (^^;)) | Main | ここまで寄らずともよいと思う。 »

December 04, 2007

薩埵峠に行ってみた。

Dsc_0046
クリックで大きめ画像

元来予定の類は持た(て)ないワタシですが、本日午前中はそれにしてもなんにもないし、お天気がよいので薩埵峠(さった とうげ)までおでかけ。
イワユル「お約束」の構図...なので余計にアラが出るです(__;)。


Dsc_0034
クリックで大きめ画像

懲りずにも一つお約束構図...ヨコでもタテでもヘタはヘタ(__)。



Dsc_0049
クリックで大きめ画像


薩埵峠にゃクルマでも登れますし、舗装もされてますけど、ミカン山作業用農道(=軽トラor実用バイク道路)なので、海側にガードレールも無いし所々の交代所でなきゃすれ違えません。
よって今日は馬力の割には坂道に強いVespa君出動。旧東海道筋をぱたぱたぺんぺん走るのは気持ちがよいです(^^)。

撮影ポイントおしえてもらったミカン山おばさん!?から「イマドキめずらしいしっかりしたみかん」を一袋買って帰ってきました。お出かけには丁度いいから富士山に雪が積もったらまた行こう...って寒いな(^_^;)


P.S

Dsc_0048_2
クリックで大きめ画像

このミカン山作業用モノカー(っていうんでしたっけ??。モノレールみたいなの)にゃ一度でいいから乗ってみたいなぁ...と。んで、よく見りゃラック式軌道なんですねこれ。傾斜きついモンなぁ...どれどれ(ぐぐる)..."ゴーリキ"って山の「強力さん」の「ごうりき」なのかな...しかし、なんじゃこの異常なスペックは(@.@;。

|

« 第70回定期演奏会のお知らせ(宣伝 (^^;)) | Main | ここまで寄らずともよいと思う。 »

身辺雑記」カテゴリの記事

Comments

そこならBEATでも攻めることは出来ますでしょうか(・∀・)☆\バキッ
みかんが美味しいこの季節、是非みかんも一緒に♪

三枚目はなんか某東映とか某大映の怪獣映画の1シーンにも見えました。
ラック軌道のモノカー(と言うんですね)、以前から私も乗りたいと思っています(笑)。

Posted by: かず | December 04, 2007 at 18:04

この雲のかかり方だと、拙宅方面からは拝めないわけですねぇ。
もう10日間近く、富士山は姿を現してくれませぬ。。。

やっぱり、近くまで行かないとダメだな。(^^ゞ
ってなわけで、例のブツ、ボチボチお渡ししたいのですが、いかがでしょ。(^_^)

Posted by: まさそり | December 04, 2007 at 21:52

いや御見事です。

ワタシも「お約束構図の富士山」はいくつか撮ってますが、足元にも及びませんなぁ(^^ゞ

Posted by: komi | December 04, 2007 at 21:53

ゴーリキを作っている光永産業って、調べたら愛媛県伊予市の会社なんですね。

そういや、この手のモノカーは瀬戸内海近辺のミカン畑でも沢山使っているようなことを聞いたことがあります。

場合によっては、農家さんの「手作り」なんてものもあったような・・・。

まさか「ゴーリキ爺さん」ではあるまいな・・。

Posted by: akira isida | December 04, 2007 at 23:00

やっぱり良い構図ですね。
もっと富士山が真っ白になったら、またお願いしますです。

びば、ふじさん。

Posted by: たろ~ちゃん | December 05, 2007 at 00:03

この時期、富士山綺麗ですよね!
下手といいますが、そんな事無いと思います!

Posted by: まっきん | December 05, 2007 at 00:30

>かず様
BEATでも峠を「攻める」というより、エンジンを酷使し「責める」コトになるでしょう(w。
登りはともかく、下りが怖いですよぉ〜...

乗ってみたいっすよね>モノカー。「策道」も張り巡らされてます>ここいらのミカン山。

>まさそり様
拙宅近くだとひたすらデカいです。写真撮ったあたりまで離れると、色もかわり、山の向こうに姿が見え、なにか神々しいです>富士山。

年内の予定をメールします(^^)。

>komi様
タネをあかせば、札幌の時計台と一緒で「木やらなにやらでこういうふうにしか撮れない」のです(w。

とはいえ、いくら地元原住民でもタイミングは中々あいませんし、ホント、当日は運がよかったです(^^)。

>isida様
やっぱりミカン山には付きものなんですね>モノカー。
山仕事はきついですのも...

ワンリキー=>ゴーリキー=>カイリキーの順に進化する「ぽけもん」がいるそうです(w。

>たろ〜ちゃん様
歌川広重「東海道五十三次 由比」はこの場所からだそうです。ほんで、絵と実景がほぼ一緒。そいで今でも広重の絵そのままの構図どりが可能なのはこの峠だけなのだそうです。

ちなみに↓は由比町ライブカメラ(^^)

http://yuicho.bz/move.php

>まっきん様
お褒めにあずかり!?恐縮ですm(__)m。

構図はkom様にResいたしましたとおり「こーゆーふーにしか視界が開けない&それでいい」のでよいのですが、もうちょっと光読むなりして色がでないかな、と。

ま、雲の形やや光線をじっくり待つ「根性」が不足しているのが一番大きいのですけどね(__)。

Posted by: 1sugi | December 05, 2007 at 23:19

薩埵峠の写真よく見ますよね!

確か、夜 バルブ?で撮ると
高速道路とバイパスを通る車のライトが赤や青い線になり凄く奇麗ですよね。

でも、夜の山は怖いかも!!
見なくていいものまで見そうな予感…

旦那は、日の出に合わせて夜中2~3時頃から山登りし始め
写真を撮って来るけど、よく1人で行くなぁと思っちゃいます。

Posted by: ミスコン | December 06, 2007 at 08:44

>ミスコン様
え〜...「薩埵峠の上から東名・国一・東海道線を入れ込んで富士山」「新幹線富士川鉄橋入れ込みで富士山」「浄水場近辺から新幹線&レンゲ畑入れ込みで富士山」撮るのは「一度はやってみたい構図ランキング」上位です(^^ゞ。あと、旧国道富士川橋西岸から堰堤&東岸の茂み入れ込んで富士山ってのも「お約束」です
ウデに覚えの人達がこぞってそれらを撮りますから奇麗な写真が多く、「気が向いてふらっと行ってちょんちょん」ではもぉねぇ(^_^;)。

ミスコン様旦那様はじめ、中版以上のカメラで山岳を狙う皆さんは凄いなぁ、と、何時も思っております。
こーゆー皆さんは大抵「タイミングが合えば誰にだって撮れますよ(^^)」とか軽くおっしゃるですが、タイミングを見計らってその場所まで身体と機材を持って上がるというのは普通出来ませんから...。

Posted by: 1sugi | December 06, 2007 at 19:28

昔住んでいた家の裏ミカン山に,このモノカー (レールがラック式軌道でなく,パーフォレーションみたいな穴が切ってあるタイプ) がありまして,ガキの頃のワタシは,このレールに打ち跨り,滑り降りて遊ぶという危険で野蛮なことをしておりましたですね.イヤハヤあれはしかし爽快なものですぞ.何せ生身マルダシでありますから.

最初は素股で跨っておりましたが,それでは股間が灼熱となる+スピードが物足らぬので,脂を染込ませたウェスを股間に挟みましてフリクション減少に努めた結果,ミカン山ですから急勾配にて物凄いスピードとなるは当然,果ては体重移動を誤り,放り出されてミカンの木にドーンと激突,とか崖からゴロゴロ転落.とか,今にして思えば,何故怪我ひとつしなかったんだろうなぁ.今やったら死ぬよな,きっと.

Posted by: 「い」 | December 06, 2007 at 21:37

>「い」様

なんでだかオトナが「危ないからやっちゃいけません!!」というコトどもは、面白そうだし実際やってみると楽しかったりした覚えがあります(^◇^;)。

今ではオトナがウルサク禁止したのかも少しは解るようになりましたけども...怪我が心配ですし、自分んちで怪我されるとイロイロ面倒なコトが発生しますしねぇ...

とはいえ、仰せのとおり子供って軽くて柔らかいせいか、怪我しないんですよね。そのせいか某所に集まる奴らも「へ〜きだもんっ!!」ってゆって言うことききゃしない(^^;)。

それはそうと、ここんとこ「い」様blogエントリにコメントが付けられないです。どーしても「投稿に失敗しました」エラーメッセージが出てしましまして...

Posted by: 1sugi | December 07, 2007 at 09:37

> 「投稿に失敗しました」エラーメッセージ

それは失礼致しました.あまりにコメントスパムが多いので,回避のために強力なフィルタを掛けているのですが,それをどうも強め過ぎたようで,しばしばワタシ自身のリプライも引っ掛かってしまうという始末(汗)

…今回少し弱めてみましたので,御手数ですがまた御試し下さい.もし駄目なようでしたら,重ね重ね御手数ですがメールフォームで御送り下さいまし.今後のフィルタリングのパスデータに組み込みたいと思います.

Posted by: 「い」 | December 07, 2007 at 18:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36329/17271136

Listed below are links to weblogs that reference 薩埵峠に行ってみた。:

« 第70回定期演奏会のお知らせ(宣伝 (^^;)) | Main | ここまで寄らずともよいと思う。 »