« あけましておめでとうございます。(増補) | Main | 次回は2月22日?? »

January 07, 2008

最初で最後の...。

Rimg0038
クリックで大きめ画像

"ヘタの横好き"でも"好き"なのだから、機会を見つけては色々な曲を吹いてみたい。

この楽器で合奏する事の何処がいいのか、言わねば殴るとでも言われればそれらしい長口舌を振り回さないでもない。が、いくら語った所でそんなものは所詮後付け。要は好きだから吹く。それだけ。

Rimg0042
クリックで大きめ画像

意味もなくジタバタしていた12年間の記憶は殆ど無いのだけれど、2004年の春先頃、我にかえったら、奇麗な物を見て歩き、乗り物をあれこれし、Tubaかかえて合奏していた。この3っつを写真で束ねて三点支持にもちこみ、どうにか安定させて今に至っている。

自分の外側の事が何も見えなかった干支ひとまわり以上の間の思念は思い出せない。ただ、自分のせいで仲間はみんな無くしたと思っていたような記憶はある。これからはもう仲間は作れないんだと思っていたような気もしないではない。

実際にはその間も含め20年以上にわたって気に掛けて下さる先輩は複数いらっしゃるし、閉じている期間に巡り会った人達も居る。

今にして思えば随分と勝手に独りよがりに図々しく思い上がって閉じこもっていたものである。そして、そんな自分を前述の人々はよくぞ見放さずに居て下さったものだ、と、最近になって思う。

付かず離れずの距離からずっと黙って、何か言いたくなるのを我慢して、危ない方向に行ったら諫める用意だけして、じっと見ていて下さった。有り難く、有り難い事である。

自分の外側に目を向けられるようになり、「並」を装うことが出来るようになったとはいえ、精神の病気ではなく精神の障害なのであるから、健常者の皆さんと同じようには暮らせない。

私は重度の鬱病で障害者の認定を受けている。鬱病というと難しいが、要はアドレナリンが上手く伝わらないという内分泌系の病気だといっていいらしい。私がこれに罹った原因は、はっきりいって、「全くわからない」。

不眠・不安・意識と身体の分裂・自殺念慮・自殺未遂。何度も入院し、投薬にカウンセリングを受けても「治らない」し「原因不明」。治す気がないから治らないんだ、詐病だ、病気に安住しているのが楽だから、甘えている、というような事を様々な人々から言われたような覚えもある。

そして自分がそれらの言葉に対してどう思ったか。これも不思議と覚えていない。ただ、ひたすら治したかったような気はする。そして、治らなくてとても悲しかった気もする。

そうこうしている内に10年経った。一向に事態は好転しなかった。こうなると、これはもう「病気」ではなく「障害」ではないか、と。鬱病で障害認定はおりにくいものらしいが、母親が書類を揃えて提出すると、ややあって、認定された。

けっして、治らない。だから、治そうと思わなくて良い。治らないことで自分を責めずともよい。ただし、訓練すればなんとかある程度は出来るにせよ、普通のリズムで暮らし、その中で人とお付き合いして行くことは難しい。

例えば、事故で右手を失ってしまっても、訓練すれば健常者に近い生活はおくれるであろうが、無くした身体の一部が生えてくる事は、ない。
日常の些細なことで自身の障害を意識せざるを得ない。左手一本で暮らしやすいようには何もかもが出来ていない。無意識に日常の何気ない些細な物事を捌くことは事実上不可能だ。
これは精神でも同じ事。小さな事がコツ、コツと頭の奧や神経の先に触り、自分が障害者である事を忘れさせてはくれない。

それでも、抱えた障害込みで自分だと認める事が出来るようになり、治したい一心の気が抜けた。気が抜けた場所に穴があき、そこから自分の外側が、見えた。

半年ばかり眺めている内に出てみたくなった。が、外側に丸腰で出るのは怖かったので、無くさなかったり、何がどうなっても捨てなかったりしたお気に入りの物を持ち、それを話題にして人の輪に入れていただこうと、おずおずと、おずおず、と、出て行き、持ち出した3っつのものを写真道楽でくくって安定させているのは前述の通り。

楽器吹く事・美術作品を眺める事・乗り物。この3っつとそれらにまつわる写真を撮る事は、好きだ。理由は知らない。好きだから、無くさなかったし捨てなかったように思う。そして、同好の士と四方山と盛り上がる事は、もっと、好きだ。

そんなこんなで世の中に這い出して約3年。内面世界の泥沼から出てきた事を後悔する事がある。出てきてよかったと思う事もある。

症状は、相変わらず、悪い。

そして、こういう話題は、これが、最初で、最後。もう、書かない。もう、語らない。

|

« あけましておめでとうございます。(増補) | Main | 次回は2月22日?? »

おんがく」カテゴリの記事

身辺雑記」カテゴリの記事

Comments

お会いしてる時は、まったくその病の気配すら感じないですねぇ。
逆に相当辛い思いさせちゃってるのでしょうか。

楽器の世界、美術品の世界は、クルマにも増して(汗。)ワタシにはチンプンカンプンの世界ですけど、1sugiさんのお話しを聞いてると、わかりやすくてとても楽しいのです。
まさに「へぇ~」の快感です。(^^ゞ

ま、そんなわけですので、末永いお付き合いをお願いしたいのでございます。m(__)m
ムリせずマイペースで、のんびり行きましょう。

Posted by: まさそり | January 07, 2008 at 18:23

( ´∀`)bグッ!

我々は生まれながらの彼女を守る!^^
Youはいつも心で彼を見守る!^^
これからも、その傍らにそっと居てくれ1sugi殿^^

Posted by: You | January 07, 2008 at 19:40

>まさそり様

気持ちを切ったら負けのようですので、ぼつぼつとやってゆきますのでこれからもよろしくですm(__)m。

>>辛い思い

何もしてませんです(^^)。ホント、人間関係はじめ全てに恵まれておりますですm(__)m。
むしろ、自分の言動で他所様に辛く不愉快な思いをさせてしまったコトが多々ありまして...orz

まぁこのぉ...障害ってのは...例えが不適当かも知れませんが..."左利きに生まれつき、オハシやエンピツを右で持つ練習をしそこねた"ならば、改札口やハサミやドアや立ち食いソバのカウンター等々に慣れられない、と。そーゆーコトのようでございます(^^ゞ。

Posted by: 1sugi | January 07, 2008 at 20:50

>You様

皆様方のおかげで上手いコト上手いポジションにおさまってます。以後もまたよろしゅーにm(__)m。

今の立ち位置は気に入ってるので、ずっとこーゆー場所におりますよ(^^)v。

Posted by: 1sugi | January 07, 2008 at 20:57

なるほど。左利きの原理わかるような気がする。

あちきは左利き。でも字は右だし、箸も右で使える。

うまく使い分けできていますので左利きであろうが、苦労はしてないです。はさみも右で使えます。

困るのはトランプぐらいでして。
未だに扇状に開けない(数字が隠れてしまいます。)

こういうことの全てが全部順応できていないとなると、確かに暮らしにくいかもとふっと思いました。


Posted by: まっきん | January 07, 2008 at 21:37

なんだか「吹っ切り宣言!」のようにも見えますが・・

そんだけ「自分の立ち位置」見つけられてるってことなんじゃないでしょうかねヽ(^。^)ノ


・・・ってこんな言い方適切じゃないかもしれないですが。
でも、ここ何年かお付き合いさせていただいてますが、「力の抜き方」どんどん身につけているようでなによりであります。

実際わたしも1Sugiさんとご一緒させていただいて、いろんなところでいろんな「えねるぎー」いただいてますよ。

これからも「ゆるゆる」とお付き合いのほどよろしくおねがいします。

Posted by: komi | January 07, 2008 at 22:51

>まっきん様

>>順応できていない

よい制度は沢山あるし、皆様のおかげでなんとかやってますが、やっぱ諸々手間がかかるのはどうしようもないです。

ワタシはこのくらいですからいいんですが、もっと重い障害をもった皆さん&そのご家族は「面倒」どころではないと思いますです。

まぁ、ぼちぼちやってゆきます(^^ゞ。

Posted by: 1sugi | January 08, 2008 at 17:36

>komi様

年頭でもあり、ちょとアタマの中を整理したりしてみました。
ここ何年かで「ふっきった」とゆーか「居直った」とゆーか(^^;...ま、要は、「今年も相変わらずですが宜しくお願いします」とゆーコトですm(__)m。

これからも宜しくお付き合いのほどをm(__)m。

Posted by: 1sugi | January 08, 2008 at 17:42

>ぢぶん

自分が人に不愉快な思いをさせ、迷惑をかけ、不幸にもし、理不尽な思いをさせ、期待も裏切りまくった事実。対人関係において「加害者」である事は努々忘れないようにすること。

何もかも病気のせいにしては、いかんのだ...。

Posted by: 1sugi | January 17, 2008 at 15:26

身体のお話は何となく直接、間接に聞いてきていますが、普段お会いしている中で、こういった事実を感じることが正直ほとんどないんです。

これって言いことなのかな?よもや負担をかけていないかな?と最初は思うこともありましたが、まあ結局そこは自分の至らなさだからしょうがない、と勝手ながら思っております。

僕によっては1sugiさんはかっこいい大人。
そう感じてるんだからそれで良い、としか今は思っていません。我ながら結構マイペースで便利な思考回路をしております。
そして、所さんみたいなイメージに1sugiさんを勝手に妄想しております。

Posted by: スニフ | August 11, 2009 at 21:59

>スニフ様

こちらでも宜しくお願いいたしますm(__)m

普通に遊んで下されば幸甚にございます。

まぁその

自動且つ無意識に的にソトヅラ・ウチヅラのモード切替が働きますもので、「理力の暗黒面」は出ませんのですよ(w

よって、暗黒面を知っててソトヅラのよさにあきれかえるのは母様姉様カノジョ様ですかねぇ

どっちのモードでも好きなも大切にする物は同じですけどね。


でもこれはあくまでワタシ個人の場合。症状様々千差万別ですから、ワタシを例にして同病に悩む他の人に接してはいけないと思いますいやマヂで。


Posted by: 1sugi | August 13, 2009 at 20:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36329/17605532

Listed below are links to weblogs that reference 最初で最後の...。:

« あけましておめでとうございます。(増補) | Main | 次回は2月22日?? »