« 業界の隅っこで何かをホザく。 | Main | このみちはいつかきたみち。 »

July 02, 2008

毎年恒例の愚痴をこぼします。

さてもそののち。

早いモノで、7月です。

んでもって。京都新聞 祇園祭特集によりますと、今年の京都祇園祭り山鉾巡行は7月17日。今年の山一番は「孟宗山」ですとさ。

ほんで。

祇園祭ってな何だかんだ1ヶ月以上やるんですけど、ね。
はっきりわかってるだけでも千年はやってるですけど、ね。

イワクインネンは色々ございましょうが、この時期の京都なんざお祭りでもやってなきゃ蒸し暑くってタマったモンではないってのもお祭りが続いてる遠因ではないか、と。個人的には思っております。

んっとに、この時期の京都を原付バイクで市バスに紛れて走ろうモンなら「ユドウフを掻き分けて進む感じ」が実感できますもの(^_^;)。

山鉾巡行が終わると梅雨が明けて。五山送り火が済むと少しは涼しくなって...ってのが少ぉし京都で暮らしての実感だから...だとすると....うわぁ...最低でも...







あと2週間は梅雨


ってコトね...orz


をじさんはもぉねぇ...



ジメジメ湿気がしんどいんだよぅっ!!
グラグラ持病がつらいんだよぅっ!!!(T^T)。



早く秋がこないかなぁ...



こーなったら


何もかも梅雨のせいにしてフテ寝するんだ...苦情は梅雨にいっとくれ、だ。

|

« 業界の隅っこで何かをホザく。 | Main | このみちはいつかきたみち。 »

身辺雑記」カテゴリの記事

Comments

はい、その前に暑気払いで来週末はいらっしゃ~い♪

Posted by: かず | July 02, 2008 at 21:05

日本の古代都市計画史を追って行くと,環境の悪い方悪い方へと遷都して行ってるような感じではあります.藤原京より平城京,平城京より平安京の方が,明らかに最低気温も低いし降水量も多いですからなぁ.
と言うか,もしかしたら日本人の大勢は,湿気てる方が快適と感じるのかも.たとえ小椋池あたりがマラリアの温床になっていても,思えば乾燥に弱い人って非常に多い気がします.

一方,古代日本の宮処で例外なのは斑鳩宮あたりでして,ここは奇妙な事に,スポット的に日本でも最小雨クラスのエリアなのであります.年間降水量にすると京都の半分近くしかございませぬ.法隆寺が長保ちしたのも,この湿気の少ない局地気候が寄与したところが大きいと存じます (さらに基礎工事の段階で地下水の湿気を遮断する工法をとっておる) が,察するにそもそも,聖徳太子という人は湿気が苦手だったのではなかろうかと考えますw

長身痩躯,早熟にして多芸多才型の頭脳明晰,かつ少年時代に内戦の惨禍のトラウマがあり,音感にデリケート過ぎる神経質な温泉好きの人物…と状況証拠を列挙してみると,いかにも湿気嫌いの偏頭痛持ちという気が致しませんでしょうかw

Posted by: 「い」 | July 02, 2008 at 22:15

>かず様

週末は「をしごと」でし。

どっちこっち暑いなら晴れるとよいですね(^^)>当日

Posted by: 1sugi | July 03, 2008 at 19:27

>「い」様

乾燥肌だし喉も弱いですが、ヨロズ「しめぽったい」のは好きではありません(w。

イキグルシイし、湿気ばかりで空気中の酸素濃度が下がってるんぢゃねーかと思う昨今です(__)。

Posted by: 1sugi | July 03, 2008 at 19:33

「い」さん

>>もしかしたら日本人の大勢は,湿気てる方が快適
 大勢のうちの一人です。暑ければ暑いほど体調がいいみたいで、この季節の「もわっ」がたまらなく快感です。

 といって、冬の乾燥も平気で加湿器使う人の気持ちが分からない、ということは・・・・わたしの前世は「ごきぶり」??。

Posted by: akira isida | July 03, 2008 at 20:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36329/41715757

Listed below are links to weblogs that reference 毎年恒例の愚痴をこぼします。:

« 業界の隅っこで何かをホザく。 | Main | このみちはいつかきたみち。 »