« としのはじめの。 | Main | 富士山を信仰する気持ちがわからないでもない。 »

January 03, 2009

見なかったコトにして追求はしない。【増補】

さても。

ワタシは弩級の近視にして乱視であります。コンタクトレンズもハードで別注の奴でないと、見え方がどーにもなりません。

フィルム圧板が歪んだカメラにマクロレンズとマルチクロスフィルタ付けた上で5cm先にピント合わせ、絞り開放で撮影して頂ければ裸眼に近いモノが撮れる...かな!?。

ま、幸いピント調節機能(正確にはフイルム面が歪んだ上に後ろにズレてるですけどね)が狂ってるだけで、画角色覚その他はまぁまぁですので恵まれていると思わねばまりますまい。

そんなわけで、通常お風呂場に於けるモロモロの配置がどんなモノなのかはよくわかりません。超弩級過敏乾燥肌なコトもあり、決まった石鹸でアタマもカラダも洗ってますから、シャンプーだのリンスだのの見分けがつかずとも困らないのですな。

んで、本日。

たまさかコンタクトレンズ外すのを無精し、常になく明快な視野を以てお風呂に入りますに、シャンプーだのリンスと並んで....









「ヌーブラソープ」









まぁ...いっか。








使用年齢に制限があるモンでも御禁制品でもないし。







しかしですね。

実生活における"ぶらじゃ"の有効性というのは男子にはわからんものの一つですな。遠慮の要らない女性に改めてその役割を聞き、効能の詳細を聞いてみても中々に実感できず、アクセサリ・ファッションアイテムの一種ぐらいにしか思えないのですよ実際。

よって、百貨店の女性下着売り場の面積があーも広いのは婦女子のカワイイもの好きにつけ込むメーカーの陰謀であろうと思ってしまうのですが、はて実際は???。

反面、実生活における"ぱんつ"の裁断の良し悪しというのは女子にはわからないでしょうね、きっと。

ニューボーというモノの大きさには個人差があるように、男性局部にも大小がございます。此奴がまた気温その他の諸条件により形態を変化させますので、なかなか"何cmの○かっぷ"のごとく規格化しにくい。ウエストサイズで決めるしか方法が無いといえば無いですね。

その上、通常"ぱんつ"の調達は婦女子に一任されているコトの多いモノでありますれば、男性用下着売り場の面積は減少の一途を辿ってしまうのであります...のかね???。

まぁオトコも悪いのですよ。「外に出れば7人の敵が...」だの「会社は戦場だ」などとヌカシつつも、ヨレた"ぱんつ"でコトタレリとするのは、言葉と裏腹に心底では覚悟が甘いという証左になりましょうて。そのへんを見逃してくれるほど婦女子の皆様の目はフシアナでは無い。

この辺り、一度どっかで有識者に語り合って頂き、議事録を拝読したいものでありますな。さすれば「れーすでくろがいい」だの「ぶりーふはキモいからぼくさー」とかの不毛な論でツマラヌ思いをせずともよいと思うのですが...

ま。どーでもいいんですけどね(^_^;)。

ただねぇ...ぱんつとくつしたがヨタってるのは大嫌いだし、自分で買わなきゃ気が済まないコマカイ莫迦な男子なんですよワタシ(^◇^;)。

P.S
コンタクトレンズの時にも必ず伊達眼鏡を使用しております。コーティングがおかしくて逆光に甚だ弱いというコトもありますが、モノゴコロついて以来「自分の顔=眼鏡付き」でありますので、眼鏡無しでは自分の面相がキモチワルくて落ち着かないコトこのうえないのです(^_^;)。

もうひとつ。

ワタシぐらいの近視は珍しいモンではないので、当然女性にもこのくらいの「度を出してる」人はザラにおられましょう。その方が眼鏡愛用者であった場合、お化粧はどうしてるんでしょうね???。

|

« としのはじめの。 | Main | 富士山を信仰する気持ちがわからないでもない。 »

身辺雑記」カテゴリの記事

Comments

某ランチアデルタ乗りの嫁でございます m(__)m

私も超ド近眼、ド乱視、緑内障、白内障もちでございます (^_^;)

さて話題の「けわい」でございますが、鏡に貼り付かんばかりにして行っております (*^_^*)

出来上がりは不問といふことで。。。
自分で見えない物は気にしないという方針でございます

今年もよろしくお願いいたします m(__)m

Posted by: きんちぇむ | January 03, 2009 at 19:24

>きんちぇむ様

お久しぶりでございます。本年も御贔屓にあずかりますと幸甚ですm(__)m。

んで。

左様で御座いますか>おけしょう

野郎はお化粧せんでもよいというコトになってるのは幸運なコトなのでございますね。

ホント。お化粧と正装に関しては、男に生まれてよかったと思っております。気を抜くとエラいコトになるという点は変わりませんが(^◇^;)。

Posted by: 1sugi | January 03, 2009 at 20:29

着るもの・履くものに関しては、買って来てくれた人に敬意を表し、一切文句を垂れない事にしております。汗。多少窮屈でも、逆にブラブラしちゃっても。【ばこ☆】
全ては家庭平和の為です。(^_^;)

老眼が進んだワタシですが、今ん所、メガネを外せば近場も見えます。
が、その【被写界深度】は顔面から10~15センチと、ずいぶん小さかったりします。
遠近両用を使えば良いのでしょうが、メガネ外せば見えちゃうから、なかなか踏み込めないでいます。(^^ゞ

ところで、ワタシはコンタクトレンズ未経験なんですけど、アレは老眼入って来るとどうなるんでしょうねぇ。。。

Posted by: まさそり | January 03, 2009 at 22:45

>まさそり様

通常自分で選んで買うとなると"経費"で落ちませんのですよね...。

とはいえ、"ぐんぜぼでぃわいるどのしゃつとぱんつ"ぐらいならばコストパフォーマンスはよいし、何かの折に家庭内経費で是非(^^)。

んで。

遠近両用コンタクトレンズってモノが各社から出ております。ワタシは「老眼鏡越しに若干の上目遣いで遠くを見る爺ぃ」ってのに憧れておりますので、カニ目タイプの老眼鏡とコンタクトレンズにしようと今から決めてます。できればツァイスかローデンストックがいーなぁ...そこらへんで安い出来合を適当にってのもよいな。度が強いとそーゆー買い方できませんからね。

ま。既に問題コンタクトレンズできちんと度を合わせると近くが見えないんですよね(^◇^;)

Posted by: 1sugi | January 04, 2009 at 00:15

下着を含めた服装については、戦う法学者の白田先生のコラムをご紹介しておきます。
http://wiredvision.jp/blog/shirata/200708/200708151033.html
前後のコラム記事もなかなか面白いです。

で、うちは衣類に関しては例外なく経費では落ちません。シーツとタオルまででお終い。下着も靴下も自分のおこずかいで贖います。ただし選択する人・・・ちゃう洗濯する人の要求仕様がありますれば、

・色は白に限る
・パンツの前開きは不可(洗っているうちに二重部分にゴミが貯まるのが駄目らしい)

けっこう洗濯氏(ちがうっていうか、くどい)、選択肢が狭いです。一度話のネタに京都の「わこーる」さんのものを履いてみました。いわゆる「お尻がきゅんっと持ち上がる」というやつ。いやーーーーー世の中の(一部の)女性の苦労が分かりましたね。重力に逆らっちゃあいけません。

Posted by: akira isida | January 04, 2009 at 12:43

> 此奴がまた気温その他の諸条件により形態を変化させますので、なかなか"何cmの○かっぷ"のごとく規格化しにくい

意外に知られていない,のかも知れませんし常識なのかも知れませぬが,実は御婦人のニューボーも「状況」によって最大30%もの容量変化を致します.私事ながら,昔どう説明してもこれを信じぬ御婦人が居られまして,論より証拠と私が実際にその「状況」を生起せしめ,御納得頂いたことがございます.
とは申せ,所詮は最大30%程度なれば,紳士諸君の置かれおる厳しい機能要求に比すれば要件は穏やかなものにて,いきおい装飾的要素が強まるのも宜なるかな.

# 私個人は拙ブログにも書きました通り,10年前に大豆大臣夫妻の手を煩わせてイタリアで買って来てもらったエルメネジルド・ゼニアのぱんつが今だ現役ですが,昨今は御陰さまでズンズンと老人力が付き,モモヒキを手放せぬザマに成り果てましたれば,白田先生も書かれておるように「タイツにぱんつは不要」ということで,めでたく「解脱とは,ぱんつを脱ぐ事也」という不惑の境地に達してございます.

Posted by: 「い」 | January 04, 2009 at 16:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36329/43624816

Listed below are links to weblogs that reference 見なかったコトにして追求はしない。【増補】:

« としのはじめの。 | Main | 富士山を信仰する気持ちがわからないでもない。 »