« 夏なんです. | Main | どこかでズレた...のかな? »

July 18, 2013

身延山久遠寺に行ってきました.

さても.

本日は下水道接続工事二日目.浄化槽を奇麗にして,砂利で埋め,本管に接続するという工程でした.集中浄化槽でしたから,半日は水か使えない=トイレも駄目.ということなので,三十六計逃ぐるにしかず,今日はバイクでどっかいってようと,明日納品分を昨晩夜なべして仕上げ,予想より早く浄化槽屋さんが来て.8時には水まわりが使えなくなった家を逃げ出したのでありました.


Minobu_1

クリックで大きめ画像

なにせ暑いので,40分ぐらい走っては10分休憩,水飲んで種無し乾燥梅干し食べるを繰り返し,高校野球の如く短く握ってコツコツ当てる作戦で,富士川沿いを北上し,着きました所が...

身延山久遠寺.しかし本山だけあって,でっけー御門でございますなぁ.

Minobu2

クリックで大きめ画像


門をくぐって石畳をつまずいてコケないように歩いてゆくと,杉木立の向こうになんか見えてきます.

Minobu3

クリックで大きめ画像

これ,のぼれってか!!

Minobu4

クリックで大きめ画像


石段脇にはこんな故事来歴が書いて御座います.

Minobu5

クリックで大きめ画像

いやまぁ趣旨は認めるし,信仰の場だし.ちょっと願掛けしたい事もあって,ウチは法華なんで,かなえやすいかと思って来たんですけど.だったらのぼらなきゃだけど,これはキツいぞ...と逡巡しておりますと,反対側にこんな看板が

Minobu6

クリックで大きめ画像

折角こうおっしゃって下さっている事だし,最初の一区切りだけ石段をのぼり,そこから男坂をのぼりましょうそうしましょう.ということに決めて,のぼり始めたんですが,なにせ履いてるのはバイク用ロングブーツ.一段が高くて狭い石段も,未舗装山道も歩きにくい事このうえなく,汗でデニムは張り付くし,結構な坂道だし,ぜーはぜーはー.....ようよう境内入り口にたどり着いた時には汗ぐっしょりで膝おおわらいw.日陰のベンチにヘタリ込み,しばらく動けませんでした.

京都の鞍馬寺のときもそうでしたが,山道石段せっせとのぼり,本堂前にたどり着くと,すうっと風が吹き抜けてここちよく,ああやれやれと一息いれて段々落ち着いて来ると,エラい思いしてのぼってきた満足感とあいまって,一種独特の爽快感があるものなのですね.この感覚を御仏の御利益と取ったのでしょうね.そういう感覚が味わえる場所を信仰の本拠地,パワースポット,霊場とし,その場に身を置く事で,その神秘な力を自らの中に取り込もうとした古人の気持ちがなんとなくわかるように思いました.

それにしても広い境内でございました.写っている反対側にも,無慮三倍は広がっておりましたから.

Minobu7

クリックで大きめ画像


玉砂利敷きの境内を,件のブーツでザクザク歩いて一通りお参りをして,絵馬を納めてしてましたら,またもや汗ぐっしょり.また木陰のベンチでぼんやり.落ち着いた所で家に電話を入れました所,予定より早く工事が終了したという.久遠寺以外にも廻ろうかと思ってましたが,暑さも暑し,慎重にくだり,お土産に胡麻豆腐など買い込んでコンビニサンドイッチを詰め込み,往路と同じくコツコツ刻んで帰宅し,シャワーを浴びてガリガリ君食べたら「一本あたり」.これは願掛けも成就するという事...なのかな?.

ちなみに,

お盆頃に一泊で松本にゆこうとおもうので,そのテストも兼ねていたのですね.「走ってる時の装備はこれれで大丈夫」「暑くてもコツコツ刻めば大丈夫」「お城や美術館みたいし,観光用に歩きやすい靴と,軽くてコンパクトに畳める着るものを一揃い持ってく」というのが今回得た結果でございましたとさ.

P.S
何処にでもいる「ご当地キティちゃん根付け」を捕獲して来た事はいうまでもありません.母様との「いやげもの」バトルはまだまだ続くのですw

Minobu8


|

« 夏なんです. | Main | どこかでズレた...のかな? »

身辺雑記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36329/57817305

Listed below are links to weblogs that reference 身延山久遠寺に行ってきました.:

« 夏なんです. | Main | どこかでズレた...のかな? »