November 12, 2013

あ〜とにかんするめもらんだむ.

えっと.

激しく同意.=>「子供にこそ現代アートが必要だと思うのよ」について.http://orinchan55.blog120.fc2.com/blog-entry-1403.html 

作家さんや学芸さんと作品を前に話しが出来たらそりゃぁもぉ色んな面で一番いいし,それやりやすいのは「美術館」じゃなくて「アートギャラリー」.「美術」より「現代アート」なんだよね,悔しいけど(笑).

単に標記の問題なんだけどさ,受ける印象も意味も違っちゃうのね.日本語って平仮名片仮名漢字アラビア数字にアルファベット,全部使えるから便利このうえないんだけど,逆にこういうことも起きちゃう訳だw.

(ワタシんとこは人口20万人程の工場町.都会に比べれば現代美術や作家さんに触れるコトが出来る場所は少ないけど,無いわけじゃない.歴史民俗系なら小なりとはいえ博物館もちゃんとあって,きちんと美術,歴史,民俗,考古の正規学芸スタッフが揃ってる.あるもんは使わないと損なんだけど,これがなかなかねぇ.)

以下は長ぁ〜い蛇足.内容ないし,長いし,文体でたらめ,個人的思い込みの羅列だから、閲覧注意.かな.今回はいつもみたく文体その他を整える気がしね〜のよw.

Continue reading "あ〜とにかんするめもらんだむ."

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2010

ドグーとハニワに悪い人はいないと思う。

Code


さてもそののちいきなりの商品管理バーコード。


豆土偶はいいとして、ハートって何? などと問われれるならばこたえましょう、こーゆーコトです↓



R0010113
クリックで大きめ画像


あけてみれば何でもなし、群馬県東吾妻町出土にして重要文化財なる「ハート形土偶の豆サイズ」というコトです。

古代少女ドグちゃんなどという美少女特撮モノがそれなりにヒットし、映画化も決定し、TVシリーズのDVDの箱絵を江口寿史が描こうかというヨノナカの動きを知ってか知らずか、東京国立博物館にて「国宝 土偶展 THE POWER OF DOGU」開催中。

以下、例によっての感想無駄書きにございます。


Continue reading "ドグーとハニワに悪い人はいないと思う。"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 28, 2009

「洋子 展 2009」を見て&撤収のお手伝いをしてきました。

Dsc_0019
クリックで大きめ画像

さても。

9/27(日)の午後から島田市「happy farm gallery」まで、「洋子 展 2009」の見学がてら撤収のお手伝いに行ってきました...というとナカナカにモットモらしくなりますが...なんじゃない、例によって「みぃはぁなやじうまのココロ」が発動しただけのコトにございます(^^ゞ

Continue reading "「洋子 展 2009」を見て&撤収のお手伝いをしてきました。"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 19, 2009

Ginza Ueno



さんぬる日

三国一のカノジョさんと新幹線で東京へ。お目当ては東博の「阿修羅」「カルティエ」「本館平常展」およびミュージアムショップ(^^;。都美の「日本の美術館名品展」。

藝大の「尼門跡寺院の世界」展は一日かけたいから、またの機会にというコトで今回は割愛。内容からして行かないと駄目だけど、どーも見とばせる内容ではないからそーゆーことにしますた。

阿修羅展は天下の国営放送が煽りまくるからエライ騒ぎになり、東博は急遽土日は全館20:00迄開館時間を延長してます。元々の予定に無い人員を動員し、作品管理も観客整理も抜かりなくそーゆーコトをやっちまうんだからバケモノですわいな>とーはく

まぁ、そーゆーことだし、昼間から行ったって行列しにゆくよなもんだから、同じ人混みなら夕方まで「ぎんぶら」して夕刻上野にまいりましょうそうしましょう、と一決し、ツネヒゴロは目当ての館に「直行直帰」なワタシもあっちのお店こっちのお店、カノジョさんに連れられるままウロウロウロウロ...

Continue reading "Ginza Ueno"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 14, 2009

_〆(。。)メモメモ…

雛の宴 徳川将軍家ゆかりの人形と雛道具 佐野美術館
吉澤 章 創作折り紙の世界 佐野美術館
ガンダーラ美術とバーミヤン遺跡 静岡県立美術館
シャガール展 静岡県立美術館
近代工芸の華 明治の七宝 佐野美術館
バウハウス・デッサウ展 東京藝術大学大学美術館
フランスが夢見た日本 陶器に写した北斎、広重 東京国立博物館 表慶館
しりあがり寿 スミ絵だったりアニメだったり 佐野美術館
国宝 鑑真和上展 静岡県立美術館
十二の旅 感性と経験のイギリス美術 静岡県立美術館
大琳派展 東京国立博物館 平成館
スリランカ 輝く美の島に出会う 東京国立博物館 表慶館
風景ルルル 静岡県立美術館
東海道の名工たち 正宗から村正まで 佐野美術館
小林古径 いのちを線に描く 佐野美術館
黒田清輝のフランス留学 東京国立博物館 本館
高梨 豊 光のフィールドノート 東京国立近代美術館
生活と芸術-アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで 東京都美術館

菱田春草「賢首菩薩」
鏑木清方「三遊亭円朝像」
安田靫彦「黄瀬川の陣」
横山大観「生々流転」
原田直次郎「騎龍観音」
東京国立博物館考古展示室の土器やら埴輪
富士市立博物館のあれやこれや

昨年度の「きれいなものめぐり」は概ねこんな感じ。あと、貧乏性だから特別展にゆけば平常展示も見てきますし、HPで確認して平常展目当てで上野に行ってもいますけどそれはノー・カウント。

一昨年度に比べると格段に回数減ったし、もぉちょっと対象を広く見て歩かねばいけないなぁ\(__ ) ハンセィ

まぁそれでも楽しかったし、今年度は何を見せて貰えるのかな(^^)。

歴史民俗の「ちゃいろいものめぐり」も積極的にやらなきゃだめかなぁ(^_^;)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 11, 2008

「映像にのこされた富士」展の宣伝です。

95mm
クリックで大きめ画像

さても。

本日より富士市立博物館にて「映像にのこされた富士」展がはじまりましたです。昭和初期に撮影された9.5mmフイルムの動画をデジタル化したものを上映してます。

フイルム幅9.5mmってのも聞き慣れない規格ではありますが、仏蘭西のパテー社先導の規格で、フイルム送りの穴ボコが中央に一列空いているのが外見上の特徴。両端に空いてる8mmより露光面積が格段に広く画質が良く、大正から昭和初期にかけて「小型映画撮影・上映システム」として一定の支持を得ていたモノらしゅうございますよ。

んで。

富士近辺や沼津・富士五湖なんぞで撮影したモノが10タイトルあり、お好みのモノを選んで見て頂くコトができます。70余年前の運動会やら家族旅行の様子を、スチルではなくムービーで見ることが出来るってのは有りそうで無いモノでございますよ(^_^)b。

また。

上映動画からのスクリーンショットと夏から手分けして撮り歩いた写真を並べ、昔と今とを対比できるようにもなってますし、東京国立近代美術館フイルムセンターからお借りした当時の機材も展示してあります。勿論元々の9.5mmフイルムも(^_^)b。

ま。

全タイトル見ると小一時間つぶせて、入場料金も「高校生以上100円,小中学生50円,小学生未満無料」とゆー平常通りでやってますので対費用効果もよい!?し、隣には大きな公園も御座いますのでお気軽にどーぞ(^^)。

P.S
9.5mmはアセテートセルロースフイルム、所謂セーフティーフイルムであるようで、外箱にも大きく安全な旨が書かれております。

それまでのニトロセルロースフイルム(ニトレートフイルム)は燃えやすく、ときに上映中に映写機の熱で発火したりなんだりで危険物指定も受けていたとか。

家庭用・普及用として売り出されたのみならず、現在のセルDVDのごとく家庭向けにメジャー映画タイトルの販売もなされた9.5mmなので、そこいらの対応は早かったのですね。

ただし。セーフティーフイルムは劣化しやすく、「すっぱいにおい」を発散して駄目々々になってしまう欠点があり、それを克服したポリエステル・フイルムが出たのだ革新だぁっ!!って話題になったのはそんなに古い話でも無かったような...AF機が出た頃ではなかったかと記憶してます。

あ。

セル9.5mm!?ですが...今回は上映してません(=デジタイズしてない)けど、「血煙高田馬場」とか「チャップリン大喜利」とか「科学映画 エビ」とか面白そうなタイトルが何本かあり、現物を展示してます(^^)。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

July 24, 2008

こーゆーのもアリ!?。

R0010402
クリックで大きめ画像

三島市の佐野美術館におきまして、「しりあがり寿 スミ絵だったりアニメだったり」展を9/1まで開催中です。

以下、例によって手前勝手な思いこみに満ち満ちた感想文でございます。

Continue reading "こーゆーのもアリ!?。"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 19, 2008

Busman's Holiday!?

R0010398
クリックで大きめ画像

2008.7.19。こりゃぁタダのミラーガラスぢゃぁねーよなー...と、東京国立博物館平成館のガラスに映る自分を撮ってるのはワタシです。

お目当ては...

Continue reading "Busman's Holiday!?"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

June 16, 2008

「伝統」と「技」と「技術」とについて(←おおげさ)

Shippoh
クリックで大きめ画像

ワタシは基本的に人付き合いが上手でなく、ぽそぽそしていて面白みの無い人間であります。まぁ世の中には有り難いことにそんなワタシと遊んで下さる人もおられます。

んで。

こないだウチからこんなヤリトリして遊んで頂いておりました。

元ネタからヨコスベリさせちゃうのはクセでして...おつきあい有り難うございましたm(__)m>「い」様

んで。

日本人って「細かい細工を『小型』の『定型』に『みちみち』に詰めるのがどこまでいっても好き。ただし、その考え方はもう改めないと駄目であろう。

というお考えを示して頂き、それをアタマのどこかに引っかけつつ、Top画像のチラシの如く、「明治の七宝」展開催中の佐野美術館に闖入したワケでございます。

Continue reading "「伝統」と「技」と「技術」とについて(←おおげさ)"

| | Comments (7) | TrackBack (1)

March 10, 2008

引き続き"カワイイ"について考え中。


Pilot_1_2

クリックで大きめ画像

さても。

前に続き、相変わらずあちこちウロウロしては聞き耳たてたり話してみたりジロジロ見たり、ねちねちねちねちと"カワイイ"に付いて考え中。最近では"キレイ"と形容されるモノと"カワイイ"とされるモノの違いについても考え中。

"キレイ"はシルエットの問題"カワイイ"はデテールの問題。"キレイ"は無駄なくスッキリでキチンとバランスどり。"カワイイ"はユッタリ&微妙にバランスを崩す。敢えて意識的に崩した上で、それを感じさせないナチュラル感をどう出すかの工夫...自分で針持ったり合わせる小間物を作ったり...それら全てがカワイイ系がお好きな婦女子の皆様にはとても楽しい。...のかなぁ???。

基本は"キレイ"。んで、柔らかい素材でユッタリで若干ヒラヒラのヴァリーションが"カワイイ"で、革とか金具でアクセント付けた、ちょいゴツっとしたヴァリエーションが"ハード"なのかな???。

屁理屈大好きセンス無しのヲヤヂには未だ全く解らないけど、以下の画像の品々はきっと"カワイイ"にちがいない。

Continue reading "引き続き"カワイイ"について考え中。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧